10キロ減量は1ヶ月で余裕な件

世の中には様々なダイエット法や痩せるサプリなどが蔓延しているが、

筆者が考え出したダイエット法が一番効率的であると自負している。

グラマラスパッツ

そのダイエット法とは、

大きく分けて以下の2つのことを実行することである。

・食事制限

・軽い運動

たったこの2点だけで痩せられる。

そう言い切れる理由を筆者が太る前からの話を交えながらご説明しよう。

筆者は元々、若い頃から痩せ型の体型で

いつ、何どき、何を食べても太らない体質だと思っていた。

しかし、親兄弟はもちろん、祖父祖母や叔父の家族までもれなく全員、太っているという

肥満体質の家系であり、筆者もその血を引き継いでいることを

25歳を超えたあたりから実感するようになった。

25歳の夏に会社の40代男性社員にこんなことを言われた。

40代男性社員『お前ずいぶん痩せてるなー。体重何キロだ?』

筆者『60キロっすねー。昔からいくら食べても太らない体質なんで、

   体型10代の頃から変わってないんっすよーwww』

40代男性社員『そうかー。まぁ、俺もお前ぐらいの年齢の時は

        そんぐらいの体重だったよww』

筆者『、、、』

筆者はこの時心の中で思った。そんなわけないだろ!!

あんためっちゃ太ってるやないかい!!!

お腹だけ出ている紛れもないビール腹が何をいうか!

この人は冗談を言っているのだろうかと

一瞬そんな事も考えたが、

顔色を伺うとどうも本気で言っているようだった。

筆者が言葉を失っているとその社員は言った。

40代男性社員『俺もお前と同じで24、25歳ぐらいまでは

        全く太らない体質だったけど、

        20代中盤から太り始めたんだよ。

        お前も近い内に急に来るから気をつけなww』

筆者『うっす!気をつけます!』

そんな会話をしながら本心は、嘘をつけ!昔から太ってたんだろ!!

と思っていた。

しかし、40代男性社員の忠告は、現実のものになるのであった。

10月に入り、だんだんと涼しさが増してきたと感じていた頃に

周りの社員からよくこんなことを言われるようになった。

周りの社員『あれ?なんか最近太った?』

自分でも薄々気が付いてはいた。

確かに最近太った気がする、、、

原因は明白だった。

22歳新卒で入社した会社で、3年勤めて、

責任の重い仕事を任せてもらえるようになったり、

後輩社員の面倒を見ているうちにストレスが溜まって、

暴飲暴食を繰り返すようになったからだ。

冒頭にも述べたが、筆者の家系は代々、太りやすいので、

食べた分太るのは当たり前のことだが、

今までは若かったが故に代謝でカバーできていた部分が

歳を重ねるにつれて、カバーできなくなってきたのだ。

そしてある朝ついに事件が起きる。

いつも通り朝起きて歯を磨き、寝癖を直し、顔を洗って

スーツに着替えようとした時の出来事である。

筆者『あれ、、、、、

   これスーツのウエスト入らなくなってね?』

率直にやばいと思った。

スーツは4着持っていたが、新卒入社時に作ったスーツしか

持っていない為、ウエストは全て同じサイズなのである。

朝寝起きの頭をフル回転させて考えに考えた。

その時の筆者が出した結論としては、

筆者『とりあえず作業着を来て出勤しよう!』

だった。

筆者は製造業の会社勤務であったため、

会社のオフィシャル作業着が存在していて、

作業着発注の際にウエストサイズの記載ミスで、

当時の細いウエストよりも2サイズ大きい物を持っていた。

そして、この時同時に

『人生で初めてダイエットをする』

と決断した。

思いたったが吉日。

昔から1度決めたらやり切るまで気が済まない筆者は、

早速、その日の仕事終わりからダイエットの計画を立てることにした。

しかし、今まで人生でダイエットなるものをしたことがない筆者は、

まず何をしなければならなくて、何をしてはいけないかわからなかった。

そのため、まずは太った原因を突き詰めて、その原因の逆をすれば

効果があるのではないかと考えた。

最近の生活リズムを見直した結果、

・暴飲暴食

・ストレスをため込む

・残業終わりの遅めの夕食

・明らかな運動不足

が主な原因だと考えた。

そして、これの逆はまさしく『必要以上に食べないこと』である。

また、10代や20代前半の頃を思い返してみると

適度な運動や筋トレをしていたため、

食事制限をしながら運動も取り入れようと考えた。

ただ、きつい食事制限や過度な運動は嫌だなーーー

無理しても続かないし、数ヶ月続けるなら

無理しない範囲でダイエットしよう!!

そんなことを考えているときに、ある『テーマ』を決めてダイエットしようと思った。

          テーマ『無理せずにダイエットを続ける』

そのテーマを叶えるために考えた『マイルール』は、

以下の通りである。

・食事は1日1食

・その代わり食事は何を食べてもの良いものとする

・食事の際には、一番最初に野菜を食べる

・小腹が空いたらナッツ類のみ食べて良いものとする

・飲み物は、基本的に水を飲むこととする

 (夏場はスポーツドリンクとする)

 ただし、1日1杯まではその他の飲み物も可とする

・飲酒は金曜日のみとする

・1日30分以上のウォーキングをする

・腕立て、腹筋、背筋、スクワットを1日1回以上する

・筋トレは、余力があれば2回3回と増やしてゆき、限界までやる

今までテレビ番組で聞いたことがあるダイエット法や

ネットで見たことのある記事の寄せ集めのようなマイルールだが、

自分としてはこのぐらいがちょうどいいメニューだと思った。

最初は、3ヶ月でコミットしようと考えたが、結果は1ヶ月で現れた。

ダイエットを始めた時の体重が71キロで1ヶ月で61キロまで

減量することに成功したのだ。

正直、最初は自分でもびっくりしてスーツが入るかどうか試してみた。

結果はすっぽり入り、ぴったりサイズになっていた。

どのメニューが効いたのだろうと考えていたのだが、

1日1食が一番効果的だったと今では思っている。

なぜならば、太る原因としては、

消費するカロリーよりも摂取するカロリーが多いと太り、

逆だと痩せるからだ。

こんなド正論を言っても、元々太りやすい体質の人からしたら、

綺麗事に聞こえるかもしれないが、年柄年中ダイエットするのではなく、

1ヶ月間のみ期間限定でダイエットをすると考えたらどうだろうか。

1ヶ月ができなかったら2週間だけでもいい。

10キロまでは痩せないと思うが、3、4キロ程度なら誰でも痩せることができると思う。

例えば、太りやすい体質の人でも、水着になる機会が増える

夏前の2ヶ月間だけ、このダイエット法を試して痩せて、

それ以外の季節は今まで通り普通に

生活するようにしたら、そこまでストレスなくダイエットできるだろう。

筆者は、現在1日2食にしているが、60キロ台をキープしており、

リバウンドもしていない。

その理由としては、このダイエットを実行する前より、

太りにくい体になっているためである。

軽い運動は続けている為か明らかに

太りにくい体質になっていることが実感できるので、

このダイエットは長期的にもかなりオススメだと言える。

1ヶ月後に痩せたいと思っている読者の方は、

是非一度このダイエット法を試してみて欲しい。

・今回のまとめ

正直、初めて太った時には、

痩せるのは簡単じゃないと思ってたので、

ダイエットが憂鬱でしかなかったが、

今となっては経験と実績により断言できる。

            『10キロ減量は1ヶ月で余裕』

であると。