綿棒で保湿ケアをしています

乾燥するのは肌の表面だけではなさそうです。
鼻や耳の入り口も乾燥してしまいます。

http://www.laemcasahostel.com/

その為、エアコンの使用は極力避け、部屋を加湿して、適度な湿度を保つようにしています。
それでも鼻や耳が痒くなってくるので、つい掻いたりしてしまいます。

掻いてしまうと、皮膚へのダメージが強くなり、痛みを感じてきます。
こうならないためにもやはりこれらの部分にも保湿対策が必要だと感じています。

そこで、綿棒を使い、保湿クリームを付けて、鼻や耳の入口にも塗っています。
痛みは軽減しますし、患部の保護にもなり、治りが早くなるようです。

就寝時にはマスクをしているので、鼻の方はそれほど乾燥しないのですが、耳はしょっちゅう痒くなってしまいます。 
なので、こまめな保湿対策が必要かもしれません。
汗をかくような時期になると、この症状は無くなります。

これから春になりますが、春の時期も乾燥しやすいです。
そのため、しばらくは鼻や耳の保湿対策も必要なようです。 

耳は特にお風呂上りにケアをしています。
私はもともと乾燥しやすい肌なので、鼻や耳の入口のように、見えないところまで乾燥しているようです。
インナードライという言葉がありますが、私ももしかしたらそのような症状になっているのではないかと気になっています。