歳によってのダイエットの違い

私が経験したことで、ダイエットの仕方は違ってきますね。
私は若いころは体重も50kg以下で、ウエストも73cmでした。
これはどちらかと言うとヤセと言う部類か虚弱だという部類でしょう。

http://cnristanbulmermer.com/

それが勤めるようになって、多少は太るようになりました。
これは今までの学生時代より、食べ物が良くなったおかげと多少は飲む機会も増えたことでしょう。
50代前まではそれ程ダイエットについては気を使いませんでした。
健康診断でも正常でした。

それが50代を過ぎて、人間ドッグでメタポだとの診断。
これにはびっくりしました。
それまで食事等についてはなにも気にしていなくて、好きなものを好きなだけ食べていたのです。
それで週に何回かは同僚との飲み会です。
これは勤めているときの付き合いですから、昼食とか勤務後に飲むと言うのも当たり前だったのです。

そこで人間ドッグに引っかかった同僚3人とのダイエットです。
そのためまず始めたのが、会社の食堂での食事をやめました。
この社内食堂ではごはんは食べ放題だったのです。
そこで3人で外の市役所の食堂に行きました。
ここの第2食堂は、カロリーが表示されている食堂でした。
私たちはここでカロリーが少ない食事をすることにしました。
私は昔風の和食が多かったです。
納豆とかヒジキとかきんぴらとか漬物・佃煮等です。
その後いままで行っていた喫茶店にはいかないで、昼休みに近所の公園とか、雨の日はデパート等の階段を歩きました。
あと私がやったのは、通勤のときのバス利用はやめて歩きました。
飲み会もある程度少なくしました。
この同僚等とは3年付き合いました。
これで3人ともある程度ダイエットに成功して、人間ドッグはクリアーです。

その後転勤になりました。
すると新たな同僚との昼食と勤務後の飲み会で、元に戻ってしまいました。
なかなかうまくいかないものですね。
やはり勤めていると同僚との付き合いもあります。
しかし、その旨を皆に伝えて、一人でのダイエットです。
昼食は日本そばが多くなりました。
また飲み会もほどほどに。

その後定年後はスーパーのカート回収業務のアルバイトです。
これはよく歩きますので、自然にダイエットになりました。
いまは年金生活で毎日サンデイですので、もっぱら散歩をしています。
朝夕で1万歩を目標にしています。