産後・卒乳後の肌荒れ

初めての出産・育児を経験した30歳。自分のことは二の次で後回しにしてしまい、肌のお手入れまで気が回らなかったこの一年。卒乳して育児が一旦落ち着き、自分と向き合う時間がやっと出来た時、ほったらかしにしていた肌は大荒れ状態。

ライスビギンの効果

シミ、ニキビ、たるみ、毛穴、乾燥、、、絶望を一気に味わう。女性として、母として、妻として、いつでも輝き続けたい。めんどくさいことから逃げるのはもうやめよう。まず出来ることからやっていこう。ズボラな私でも出来る簡単な5つの肌体質改善。

①保湿後回しにしない→お風呂上がり子供優先で保湿してたから、自分のスキンケアに意識が回る時にはお肌から潤いがなくなってる。②トイレ我慢しない→便秘改善、腸内環境を整えることが肌質改善の近道。③水分をまめにとる→気づいたら朝コップ一杯しか水分を取ってないことがある。日々の不調の原因を作っているのはこのせい?甘めドリンクはNG,④スキンケアを楽しもう→朝パック、夜パック、ご褒美パック。

日々の肌への労りをご褒美として取り入れると前向きに取り組める。1日1回肌の調子を確認しよう。⑤新陳代謝を高める→栄養不足、血流の流れが悪いとも肌荒れの原因の一つ。ヨ-グルトは新陳代謝を高め、肌荒れ改善する手助けをしてくれる栄養素が含まれる。子育ても楽しむためには日々のスキンケアで気持ちを高めてくことが大切。明日から頑張ろう。