ある日から、鏡を見るのが怖くなりました

若い時なんて、肌の悩みが一つもなかったのにー!モイスポイントを使用

気がついたら40代、毎日子供達に振り回されて、自分のことなど日々の疲れのせいか、時間があっても手抜きしてしまうようになりました。

気がついたら、鏡の前には疲れた顔したおばさんが。

よく、加齢ケアなどのCMや通販番組などで、過大表現してるよねー、言い過ぎ、そんな人はいないよー、なんて思っていた「年齢以上に見られてる可哀想なおばさん」がそこにいたのです。

しかもCM通販番組みたいに、そっとケア用品を渡してくれる人はいない…。

こんな場合、気がついた時点では既に遅いんですよね。

取り返しがつかないことになっているんです。

ちなみに私は、コロナ禍での自粛や会社からの調整休対応でのストレス太りにて顔が浮腫み、浮腫んでるけどたるんでる、シミも目立つし、くすみが目立つ…気になるところばかり。

そっと鏡に背を向けてしまいました。

あぁ、もう一生マスク生活で他人から見える部分を減らし続けよう、あまり人には会わないようにしよう、そう誓いを立てようかと思いましたが、やはりちょっとはケアしてみようと思い、オールインワンクリームを使っています。

大量に塗ればいい、なんてことはないのですが、大量に塗ってしまいますね。

なんて言うのでしょうか?気休めですか?

塗ってしばらくはぷりぷり肌(シミ・シワその他は変化がある訳ではない)なので、その瞬間を楽しみに日々ケアをしております。

画期的で楽ないケアないもんですかね?

あー、面倒臭い(そこに行き着く)。