失敗は成功のもとですよ

学生の頃は体型に関してのコンプレックスがとても強く、制服のスカートを履いた時や体操服のズボンを履いた時に、まるで大根が生えているんじゃないかと思うような太ももをしていて、何がなんでも痩せなくてはとダイエットすることを決意しました。

本音口コミ!ラクルルの効果から解約方法までを完全レポート!

痩せるためにまず行ったのは、食事制限やカロリーコントロールです。白米やお肉、揚げ物などの高カロリーな物はとにかく避けて、春雨や豆腐などの低カロリーな物ばかりを食べるようにしていました。また、だいたいのカロリーを食事の度に計算して、1日の摂取カロリーを500~1000カロリーの中に抑えていました。そうすることで、みるみる痩せていき、1ヶ月ほどで2、3キロは落ちました。

また、運動も大切だと思い、それまでは自転車で片道20分から30分ほどかけて通学していましたが、片道1時間かけて徒歩で投稿するようにしたら、足もどんどん細くなっていき、気づけば半年でトータルで10キロほど減っていました。

とても嬉しく、1年間ダイエットを続けたのですが、少しずつストッパーが外れていくように食べる量が増えていき、気づくと元の体重に戻っていました。この経験から思ったことは、食事制限で一時的に痩せることが出来たとしても、ずっと続けられる生活でなくては意味が無いということです。それ以降は、食べる量やカロリーは人並みにして日々の運動量を増やすなど、長く続けられて健康的に痩せられる方法で体型維持をしています。