白髪」カテゴリーアーカイブ

ストレスに気を付けて!私が白髪に悩むようになったきっかけ

私は現在35歳の主婦です。

ノ・アルフレが最安値で購入できる通販は?私の本音口コミを暴露します!

まだまだ黒髪の方が多いですが、髪をかき上げると前髪や耳元の生え際など、数えるのが嫌になるほど白髪が見え隠れします。

美容師の方から白髪染めの話もそれとなくされたことから、もしかしたら同年齢の人より白髪の量が多いのかもしれません。

私が初めて白髪を意識し始めたのは、20歳を迎えてすぐでした。

何の病気もなかった母親が突然、脳の腫瘍が原因で倒れ、運ばれた病院にそのまま入院することになってしまいました。

母が入院したことで、炊事や洗濯など家事をすべて私が1人でおこなわなければなりません。

それまで料理も洗濯もまともにしてこなかった為に、私の家事はミスばかりで、家族からは不満もぶつけられる始末。

入院のこと、病気のこと、家事のこと、どれもが毎日不安や心配ばかりで、当時の私には相当なストレスでした。

母が入院してからそれほど経たないとある日、私はいつも通りに鏡の前で髪をセットしていた際に、初めて髪にキラリと光るものがあることに気付きました。

以来、鏡を見るたびに白髪の確認をしては抜いていたのですが、30歳を過ぎる頃からは抜く本数の多さにウンザリしてしまい、諦めてしまいました。

ストレスは白髪の発生原因の重要な1つだと言われています。

それまで白髪がまったくと言っていいほどなかったにも関わらず、20歳にして白髪がどんどんと増えていったのは、過度なストレスが続いたことが引き金だったと思っています。

ストレスをなくすことは難しいですが、私のように若くして白髪に悩む可能性を減らす為にも、ストレスをうまく回避するようにしてほしいと思います。

気になる白髪を染める時に知っておきたいポイント

年齢とともにどうしても増えてくる白髪。ボタニカルエアカラーフォーム

増えるスピードは個人差があるものの、少しでも見つけてしまうと一気に老け込んでしまいますよね。

髪に白髪が交じっていれば、いくらメイクやファッションに気を遣っていても、全て台無しになってしまいます。

また厄介なことに、一度染めても、生えてくる毛が白ければ、1ヶ月もすれば白いところがちらほら目立つように、、、

その上、染まっていた毛も色落ちして白浮きしてしまったりもします。

せっかく染めてもこれではほんとに凹んでしまいますよね。

白い毛はヘアマニュキアでは染まりが悪く、白髪染めでないとしっかり染まらなので、頻繁に白髪染めをする人も多いはず。

白髪を気にするあまり、頻繁に染めれば染めるほど、髪のパサつきや傷みまで気になってきます。

美容院代もかかるし、悩みはつきません。

そこで、白髪染めをした髪を少しでも長く保つために以下のことに気をつけましょう!

・暗い色を選ぶ

・染めたその日はシャンプーをしない

・白髪染め専用のシャンプーを使う

・トリートメントを頻繁に行う

美容院で染める人も自宅で自分で染める人も、どちらにしても、髪に染料をしみこませるということは、キューティクルを開いた状態にしているのです。

キューティクルを開いた状態にしておくと、水分も栄養分も流れ落ちてしまうので、髪にダメージを与えることになります。

染めた日の髪は特にデリケート。

こまめにトリートメントを行い、ダメージを防ぎましょう!

いくつになっても黒くツヤツヤした髪で、若々しさを保ちましょう!