口臭」カテゴリーアーカイブ

口臭は口内環境の悪化が原因です

最近コロナ対策としてマスクを毎日長時間着用するようになり、自分の口臭が気になって不快な想いをしている方も多いのではないでしょうか。

http://leseigneurdesrobots.com/

口臭は飲酒や匂いの強い食べ物などによる一時的で時間が経てば自然に消えるものと、病気や精神的ストレスが原因で治療や対策が必要なものがあります。

病気による口臭のほとんどは虫歯や歯周病、歯垢などの口の中の衛生環境の悪化が原因です。悪臭の元となるのはメチルメルカプタンや硫化水素などの口内の細菌が食べかすなどを分解・発酵する過程で産出するガスです。

口内環境が悪化すると細菌の塊ができ歯垢を形成します。そのまま放置すると石灰化して歯石になり、増えてくると口臭が酷くなります。また、歯石の増加は歯周病になりやすくなり、虫歯になってしまうと虫歯の穴に虫歯菌や食べかすが溜まり、さらに酷い悪臭を放つようになります。

一方、口の中の唾液の量が少なくなった時にも口臭を放ちやすくなります。唾液は口内を洗浄し、細菌の増殖を抑える作用があるので、唾液の量が減ると細菌が増殖し、口臭が発生しやすくなります。

特に睡眠時やストレスを抱えている時には唾液の分泌量が減るので、起床時や緊張している時には口臭が強くなる傾向があります。