口臭」カテゴリーアーカイブ

最近特に朝起きてからの口の中・・・

年齢のせいなのか最近やたらと口の中の匂いが敏感になりました。きっとマスクをずっとつけているのも一つの原因かもしれません。
一日三回食後の後に歯磨きをしていますが朝起きてからの口臭はとても不愉快です。

評判どう?ブレスマイルウォッシュを実際に使った私の口コミ&効果!

必ず朝起きてかすぐにうがいを行っていますが朝は特に時間がないためゆっくりしている暇がないです。 朝ごはんの準備や仕事も弁当の準備など一通りのことが終わるようやく始まる歯磨きタイム。毎朝欠かさず5分以上はゆっくり行うようになりました。

きちんと寝る前もゆっくり歯磨きをしているのですが朝起きてすぐの口の中の匂いはほとんどの人がひどいのではないでしょうか?色々な歯磨き粉を使ったり寝る前には二回も歯磨きをしたり色々な事を試しましたが一向に改善されませんでした。とあるとき薬局でしょうようの歯磨き粉と出会い今では毎日愛用しています。口臭もかなりなくなったように感じます。

今ではもう一年以上はしょうようの歯磨き粉がないと気持ち悪くて落ち着きません。初めは使うのにかなり抵抗があり味もいまいちでしたが今では「磨いているな」という気持ちになります。 同じ口臭で悩んでいる人がいたらぜひしょうようをお勧めしたいです。

値段も安くなっている時に買えば1000円しないのでコスパも良しですね!口臭が臭い人は本当に嫌ですよね。特に今はマスクを毎日つけなくてはならないので自分が一番その匂いに気づくのでぜひしょうようをお勧めします!

朝起きたばかりの口臭が気になる

私は朝起きた時の口臭がとても臭いです。1日の中でもっとも臭く、もちろん、朝歯磨きをしますが、すぐに臭くなります。キラハクレンズの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ体験談!

職場の人に臭いと思われないか、非常に心配になります。最近はコロナの影響で自分も含めて、みんなマスクをしているので、職場の人が私の口臭を気になる人はいないと思います。しかし、自分がマスクをすることによって、自分の口臭の臭いを嗅ぐことが増えたため、より一層自分の口臭が気になり始めてきました。

特に虫歯の治療中で歯医者に通っているときは、とりわけ、臭い気がします。私の歯磨きの仕方に問題があるのかもしれませんが、今さら大人になって、歯の磨き方を歯医者等で教わるのも気恥ずかしいのが、正直な気持ちです。ちょくちょくタブレットタイプのガムやスーとするミント味のタブレットを噛んだり、舐めたりしていますが、口臭とそのミント系の香りが混ざってしまい、余計に臭いが臭くなってしまうこともありますので、あまり効き目がないのも現状です。

またコーヒーやジュースなど味の強いものがとても大好きなので、それが臭いの原因なのかもしれません。そのため、最近は出来るだけ飲み物はお茶などにしています。タバコは吸わないですが、もしタバコを吸い始めたらもっと臭くなると思うので、勧められても決して吸わないと誓っています。

口臭の一番の出どころ

口臭を考えるにあたって、一般的には、良く歯を磨いたり、ミントガムを噛んだり、口腔スプレーをするといったことを考えがちです。

http://www.suisaniwakawa.jp/

実際、私は歯並びが悪く、歯垢からくる臭いに悩まされてきました。

そこで、1日3回歯を磨き歯間ブラシもし、口腔スプレーもして、完璧な気持ちになってました。

しかし、それでも臭うときは臭う。

なぜなんだろう?

確信したのは、彼女ができたときでした。その彼女とキスをしたとき、とても臭う!

その彼女は野菜嫌いで、脂っこいものやお菓子をたくさん食べる人でした。

なるほどそういうことか、

人は体に入れたものが原因で臭いは発生するんだとその時、気づきました。

ではどうすれば、臭いはなくなるのか。

いろんな本を読んだり、サイトで調べたりしました。

結果分かったのは、緑黄色野菜や海藻類、味噌汁や納豆などを良く噛んで食べる。

そして、脂っこいものやジュース、スナックなどのお菓子は極力避けることでした。

さらに意外だったのは、適度な運動、日々のストレス、睡眠からも臭いに影響を与えているということでした。

結局、健康的な生活が臭いに関係しており、彼女と一緒に徐々に変えていったら

お互い、臭いがしなくなりました。

皆さんもまずは食生活から変えていってはいかがでしょうか。

口臭は口内環境の悪化が原因です

最近コロナ対策としてマスクを毎日長時間着用するようになり、自分の口臭が気になって不快な想いをしている方も多いのではないでしょうか。

http://leseigneurdesrobots.com/

口臭は飲酒や匂いの強い食べ物などによる一時的で時間が経てば自然に消えるものと、病気や精神的ストレスが原因で治療や対策が必要なものがあります。

病気による口臭のほとんどは虫歯や歯周病、歯垢などの口の中の衛生環境の悪化が原因です。悪臭の元となるのはメチルメルカプタンや硫化水素などの口内の細菌が食べかすなどを分解・発酵する過程で産出するガスです。

口内環境が悪化すると細菌の塊ができ歯垢を形成します。そのまま放置すると石灰化して歯石になり、増えてくると口臭が酷くなります。また、歯石の増加は歯周病になりやすくなり、虫歯になってしまうと虫歯の穴に虫歯菌や食べかすが溜まり、さらに酷い悪臭を放つようになります。

一方、口の中の唾液の量が少なくなった時にも口臭を放ちやすくなります。唾液は口内を洗浄し、細菌の増殖を抑える作用があるので、唾液の量が減ると細菌が増殖し、口臭が発生しやすくなります。

特に睡眠時やストレスを抱えている時には唾液の分泌量が減るので、起床時や緊張している時には口臭が強くなる傾向があります。