ヘアケア」カテゴリーアーカイブ

ヘアセットの開始は前日の夜です

私の髪の毛の悩みは、うねりやすいことです。

朝アイロンを使ってしっかりセットしても、昼過ぎには顔周りの髪の毛が外側にうねり出します。

内側にワンカールの艶髪が憧れなのに、現実は外側へ向かってハネる、うねるのオンパレード。

今回はそんな私がおすすめするヘアセット方法をご紹介します。

皆さんはヘアセットっていつから始まると思いますか。

朝シャン派の方はもちろんその後からですが、その他の方は朝起きて鏡を見た瞬間でしょうか??

いえいえ。もう少し前です。

答えは前日の夜のお風呂上がり、これがヘアセットが始まる瞬間です。

お風呂上がりの髪の毛の乾かし方が翌日のヘアセットの楽さに繋がっているのです。

ポイントとしては、まず乾かすのは毛先ではなく根本。

根本を乾かしているうちに毛先は勝手に乾きますので、意識してドライヤーの風を当てる必要はありません。

次に後ろから前へ。

後頭部から前に向かって風を当ててください。

逆向きにあてると髪の毛に広がる癖がつき、ボリュームがすごいバサバサヘアーになりがちなので注意です。

そして最後に、乾いたと思ってから3分はドライヤーを続けて下さい。表面が乾いていても意外と中はまだだったりするものです。半濡れで寝てしまうと髪の毛がうねりやすいので、完全に乾かしきりましょう。

どれも簡単ですが、効果はあります。

髪のうねりにお悩みの方はぜひお試しください。

細くてきれいな髪への憧れ

私は生まれたときから髪がびっしりとそれはもうしっかりと生えていました。

生後2か月の私の写真を見た旦那の感想は「髪すごいな。」で、言われ慣れているといえども、私だって愛する旦那様に言われたらそれはもう悲しくなってしまします。

この髪に対するコンプレックスをはっきりと感じたのは、小学5年生の時に好きだった男の子に言われた一言です。結構仲の良い男の子で、遊ぶことも多くてその日は、一緒に漫画を読んでいたのですが、そのとき言われたのは、「○○ちゃんの髪の毛手に当たってチクチクして痛い。」でした。

髪が当たって痛いって何だろうとその時は自分でもよくわからなかったのですが、確かに私の髪の毛は痛い。そういえば、切れた短い髪の毛がタオルケットに突き刺さることもあるけど、あれ、他の人はならないのだろうかと疑問に思い、人の髪の毛を見るようになりました。

すると、他の女の子といえば、なんて細くてきれいな髪の毛なんだろうとその時初めて、自分の髪に対するコンプレックスを抱いたのでした。私の髪の毛は、太くて量が多くて、そしてうねっているです。雨の日なんて最悪で、うねうねのボリューム満点の髪の毛で、小さい頃の写真は恥ずかしいものです。

そんな私も中学生に入って、縮毛矯正と出会います。なんて画期的な技術なんだろうととても感動したことを今でも覚えています。今は3カ月に1回縮毛矯正をかけて、できる限り髪を梳いてくれる美容師さんとも出会い、自分らしい髪の毛ライフを楽しんでいます。

この髪は生まれ変わる

私は小さいころから剛毛、毛の量が多いことが悩みでした。それゆえに、中学生時代は何度もストレートパーマをあて、高校時代では少しでも髪を軽く見せたく、明るい色に染め、短大ではパーマをあて、と髪の見た目をきにするあまり、とても髪を痛みつけてきてしまいました。

美容院もとくにお気に入りのところが見つからず、ホットペッパーなどを見ながらいろいろなお店をてんてんとしていました。髪は痛む一方で、時には高いシャンプーやトリートメントをばかみたいに集め、買いそろえたこともありました。

ノンシリコンシャンプーがあうのではないかとも考え、一時期はノンシリコンシャンプーなども使っていましたが髪質がすごくよくなるというものではありませんでした。

そんな時に友達の紹介で1つの美容院をおすすめしてもらいました。

友達の髪の悩みはねこっ毛でボリュームがでないという悩みです。私とは真逆の悩みのため、私にはそこの美容院は合わないのではないかと友達にも話しましたが、友達

はそこの美容院は「髪の病院」になると、だまされたと思って一回行ってみてと言われ半信半疑のままその美容院にいきました。

そこは、ほかの美容院と変わらないおしゃれな美容院でした。ですが、一つ違うのは、ほとんどの会話が髪の質問ということです。

髪の癖、悩み、どうしたいかをよく把握しないとそのお客様の本当になりたい髪型にしてあげれないというのです。

私はすべて話、お任せでカットとカラーをしていただきました。すると、仕上がりが今までで一番納得のいく仕上がりになっていたのです。

そしてそれだけではなく、今の髪の状態、今後の家での髪のケアなど一つ一つ丁寧に教えていただき、「髪の外見を変えるのではなく、内面からかえていくことで髪一本一本の外見も変わっていくよ」と教えていただき、髪に水分をあたえたり頭皮に刺激をあげ、髪の内面からきれいにすることを実践し、今では前の悩みがなくなりました。

髪も人と同じで外見だけを磨くのではなく、内面から整えていくことが大事なんだなと気づかせていただいた美容師さんにはとても感謝しています。

子供の頃の私の髪の毛は、細くてつるつるでストレート

子供の頃の私の髪の毛は、細くてつるつるでストレート。毛量はそこまで少なくない程度でした。

すごくきれいなストレート髪だったんですが、パーマも毛染めもはねのけてしまう頑固な髪の毛です。

普通の人が15分で染まるのに対して、私の髪の毛は1時間かかってしまうほど。

カリスマ美容師がため息をつきました。

パーマもカーラーから外した瞬間にストレート。水にぬらして指でくるくるしながら乾かしますが、美容院に行って5日後にはパーマをあてたことすら忘れてしまうくらいの仕上がりです。

ゆるふわパーマなんてあてられず、おばちゃんパーマくらいギンギンにあてて1週間後にはゆるふわっぽくなって、1か月後には跡形もなくなっていました。

ところがある日を境に髪質が変わりました。

といってもいい風に変わったのではありません。

今までのカラーやパーマが効かない状態で、さらに髪の毛がうねってきたのです。

きれいなストレートだった髪の毛が、毛根から約10㎝ほど先の方まで伸びるとその先はキューティクルがボロボロ。

手触りも悪くまとまりもありません。まるでたわしのようです。

どうしてこんな風になったのかわからず、シャンプーを変えてみたりヘアオイルを塗ってみたりしましたが無駄でした。

美容院で相談してみましたが、急に髪質が変わることはあるようで一度変わると治らないと言われてしまいました。

今はカラーもパーマもしていませんが、きれいなストレートの髪の毛に戻ってはいません。